非常用保存食品の大きさと重量の関係は?

あまりにもスペースを取るようになると、置くスペースの確保が難しくなってきますよね。
(汗)また、非常食として備蓄する場合においては、有事の時に家から避難する必要があります。
その時に、持ち運びする非常食があまりにも重いようだと、実際にその場面に出くわした時にかなり苦労することになりますよ。
(汗)。
ですから、保存食品の大きさ、重量は、コンパクトであることに越したことはありませんよね。
基本的に、缶入りの保存食品については、重くなりがちです。
そんな傾向があります。
その一方で、袋詰めのものであればかなり軽量となります。
それとサイズもかなり取りますよね。
これを100個備蓄すると、全部持ち運ぶには30kgの荷物を背負って歩くことになりますよね。
また、大きさについても、ある程度の幅を取るものだと収納スペースを圧迫してしまいますよね。
保存食品用の倉庫などを用意している場合は、それでも問題はないと思いますが、スペースを持つ家は殆どないと思います。
大抵は、台所の一角とか、日当たりのない収納スペースを利用して備蓄しますよね。
当然、そこにはあまり多くの物は入らないと思います。
(汗)。
ですから、コンパクトで、且つ重くない保存食品を選ぶ必要があります。
(笑顔)また、価格との兼ね合いもあります。
こういった持ち運びする時にも便利な物をある程度揃えておいた方が良いですね。
非常食セットおすすめ